40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

【タクシー】良い所と悪い所

良い所と感じた事

※基本的に、自分のペースで仕事ができる点。

朝や夕方の通勤や帰宅等で、人が動いて忙しい時間帯は難しいですが、基本的に好きな時に休憩ができ、食事休憩も自分のペースで取れます。
少し早めに切り上げたりすることも可能です。
ただし、それによる営業収入の減少は、自分で責任を持たなくてはいけません。


※頑張り次第で、収入を増やす事ができる点。

歩合制の部分が大きいので、頑張って営業収入を上げた分だけ、給与収入を増やす事ができます。
この場合の頑張ってというのは、具体的にどういう事かと言うと、食事休憩等の時間を無駄に取らず必要最小限にするとか、お客さんの手が挙がりそうな所をこまめに続けて「流す」とか、当局から認められている営業許容時間をしっかり使い切るとか、といった事です。
規定された1日やひと月の営業時間を超えて頑張る事はできません。


※スーツ等を自費で購入する必要がない点。

バス運転手と同じで、制服が貸与されます。
シャツも定期的に支給されました。


悪い所と感じた事

※実質歩合給のため、常に営業収入確保のプレッシャーがかかる点。

勤務姿勢・勤務状況が直に収入額に反映するため、収入が不安定になりやすいと言えます。
また、いわゆる普通に勤務していたら、比較的低賃金と言えるでしょう。


※勤務形態が変則的であるため、体調管理が難しい点。

早朝スタートして一日中乗務し翌日の深夜から早朝まで勤務するスタイルが一般的であり、一回の勤務時間も長く、特に慣れるまでは体調を崩しやすいです。


※深夜にトラブルとなることが多い点。

夜間・深夜は繁華街を流す事が多いため、酔客や他の車両等とのトラブルが多くなります。
一対一の状況となる車内空間が、人によっては負担となる場合もあるようです。


大体こんな感じとして、この仕事の中身を感じてみてください。