40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

【路線バス】バス車両のクセについて

私の勤務する会社では、バス車両は基本的に担当車制となっています。
つまり、その者が専用で乗車するバスがあてがわれます



担当車制の良い所に、やはり毎回乗務するバス車両が替わるよりも、その担当バス車両に愛着のようなものが生まれますので、車両清掃や整備などにも力が入る点があります。
それから、もうひとつ良い所として、担当バス車両のクセがわかるため、運転がスムーズになるという点が挙げられます。

ただ、基本的に担当車制ではあるのですが、休日前の早帰り日などに別の車両に乗務する事があります
会社内のバス車両は、製造年月日はもちろん、製造メーカーも完全に同一ではなく、性能も仕様もまちまちです。従って、バス車両にはそれぞれ大なり小なりの違いがあり、いわゆるクセがあります。

担当車両ではなく別の車両に乗車する時には、このバス車両のクセというのがちょっと面倒なんです。
実際にしばらく走行させれば、程なくクセが掴めて対応できるんですが、営業所を出発して直ぐの時は、運転がギクシャクして乗客の方に衝撃を与えてしまうことがあります。
スムーズな運転に特に影響を与えるクセとして、クラッチの繋がる位置とブレーキの効き方があります。

クラッチの繋がる位置が違うと、特に前回の記事でも書いた坂道発進のときに影響があります。
出発直後の上り坂で、左足で踏んだクラッチペダルをあげていき、この辺で繋がるかなという所まで来てもなかなか繋がらなかったりすると、うっかり車体が後ろに下がってしまう事があるんです。
こうなると、本来発生する坂道発進での反動が起きてしまい、客席に反動によるショックが伝わってしまいます。

また、ブレーキの効き方による影響も馬鹿になりません。
バスの新旧や製造メーカーの違いにより、ちょっとブレーキペダルを踏んだだけでもガクンとなる程効きが良かったり、グッと踏み込んでもなかなか効かず焦ったりといった事があります。
この場合も、客席にショックを与えるような状況になってしまいます。

所属する営業所内のバス車両のクセを全部覚えてしまえば問題無いんでしょうけど、なかなかそう簡単には行かないですね。