40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

【路線バス】運転していて嫌な事

路線バス運転手になって実際にバスを運転してみてこれが嫌だなと思う事がいくつかあります。


後ろからのプレッシャー

運行路線によっては、行き先が異なるものの一時別のバスと同じ道路を走行する事があり、時間帯によっては複数のバスが並んで走行するという状況になったりもします。
私は、このような状況になって、他のバスの前を走行するのが嫌です。
後ろにピタッとついてこられると、凄くプレッシャーを感じます。
特に、他社のバスよりも、同社のバスの方がプレッシャーが強いです。

今でこそ少しプレッシャーも弱まりましたが、乗務したての頃は、走行もお客様乗降時の動作手順ももたもたしていると自分で認識していましたから、後ろから早くしろとせっつかれているなと常に焦りを感じました。
実際は煽っているわけでは無いんでしょうけど、ルームミラーから見ると、後ろのバスがとても近くに感じるんです。
でも、運転手もいろいろですから、本当に煽ってくる人も少なからずいます。
車の運転って、自家用車でも営業車でも、本性というか、普段とは違う人間性が現れてしまうもののようです。

この後ろからのプレッシャーは、他にも感じている人がいるようで、話をしてみると同調される運転手さんが結構いました。
これを気にしていたら、操作ミスをしたり事故をしたりする事があるから、気にしないようにしないと駄目よと、ベテランさんからのアドバイスもありました。
気にならない人はなんとも無いんでしょうけど、私はだめですね。


凄く遅いバスの後ろにつくこと

先に書いた記事の内容と矛盾すると思われるかもしれませんが、後ろからのプレッシャーを感じる場合は走行は普通に行っているんです
ここで言う遅いバスは、普通ではなく、本当に凄く遅いバスの事です
何社か乗り入れているうちのある会社のバスが、八割がた遅いんです。

走行時はまだいいのですが、バス停からの発進時とか、わざとじゃないかと言うくらいもたもたしています。
更にバス停では、普通は後ろからバスが来ていると、後ろのバスも停め易いように前に寄せて停めるのですが、この社のバスはそういう配慮も少ないんです。
そのため、後ろにつけていると、バス停で一旦停まって前がいなくなったらまた動いて停め直すと言ういわゆる二段停車をせざるを得なくなるため、相当の時間ロスになってしまいます。
これをバス停毎にやって行くと、疲れるしイライラするし最悪です。
もちろん安全第一ですけど、ペースっていうのも大事だと思うんですけどね。