40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

【路線バス】お客様いろいろ

路線バスには、様々なお客様が乗って来られます。
学生さん、会社員の方、主婦の方、ご高齢の方、中には小学生くらいの子がひとりで乗ってくる事もあります。
運行する時間帯によって、お客様層もずいぶん異なります。
そういうわけで、一日の乗務時間に亘って、いろいろなお客様の行動を見る事ができます



今回は、このようなお客様の行動の中から、バスの運行にあたってはちょっと困ってしまうなという実例をご紹介したいと思います。


ICカードチャージ要請のタイミング

バスの中ではICカードのチャージが可能です。
お客様に運転席まで来て頂いてチャージを行なうのですが、そのタイミングがさすがに厳しいなという時があります。
交差点の右折待ちの最中とか、今まさに坂道発進をしようとしている時とか、それまで長い信号待ちが何度もあってチャンスがいくらでもあったのに、なんでわざわざ今なのとどうしても思ってしまう事があるんです。
よくチャージの時に嫌な顔をされたとか、嫌な態度をされたとか聞く事がありますけど、おそらく殆どはこのようなタイミングの悪さについ反応してしまっているんだろうと思います。
実際チャージをするという行為自体は、ぜんぜん負担では無いですから。


席を移動しまくる人

これは特に高齢の方に多いのですが、乗車されて一旦座った席から、走行中やちょっと停止した時に次々と席を移動される方がいらっしゃいます
車内事故防止のため、基本的にお客様が席に着かれてから車両を発進させるのですが、このような動きがあると非常に気を取られてしまいます。


席が空いていても座らない人

これは学生さんや若い方に多いのですが、席がガラガラに空いていても座らない人がいます
先にも書いたように、車内事故防止のため着席をお願いするのですが、強制はできませんので仕方ありません。
ただ、そういう人に限って、吊り輪など何も持たずにスマホとかやっちゃってるんですよね
余計な気を使って倍疲れます。


バス停で知らん顔してる人

バス停にバスが差し掛かったら、待っておられた方は、普通なら乗車に備えた動きを始められますよね。
ところが、これも殆どが若い方ですが、バスが近づいてもベンチに座ったままバスには一瞥もくれず、ひたすらスマホをいじっている方がいらっしゃいます
明らかに乗車しませんという意思表示にも見えるけど、それでも念のため停車し、やっぱり動きが無いため発車しようとしたら、おもむろに立ち上がり、こちらに見向きもしないまま乗車口に近づいて来られます。
さらにそこからICカードを探し始めます。
もうお手上げです。

このように、いろんなお客様がいらっしゃる事も覚悟しておかなければなりません。