40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

【路線バス】内輪差とオーバーハング

大型車両としてのバスの運転についてお話しましょう。
私が現在乗務しているバスの車体の長さは、約11mあります。
この車体の長いバスの特性を反映して、運転に関しても普通車とは違う注意点があります。



内輪差

まずは何と言っても大型車両での注意すべき事項として、内輪差があります。
内輪差とは、車両がカーブを曲がる時に、回転中心側の前輪と後輪が描く円弧の半径に生じる差のことです。
と言えば何か難しいですが、簡単に言うと、車が曲がる時に、後輪が前輪よりも内側を通ってしまう状態のことだと思ってください。
大型車両のように、車体の全長が長いほど、内輪差は大きくなります。

普通車でも勿論内輪差はありますが、一般的に影響の程度が少ないので、特に意識するという感じではないと思います。
ところがバスはそうはいきません。
おそらく、皆さんが思っている以上に後輪が内側を通ります。

実際私は入社してから半年の間に、比較的緩い左カーブの狭い道路で、車両左側中央辺りをガードレールにガリッとやりました。2回も

急なカーブのときは、抽象的な言い方になりますが相当大回りしないと後輪が逸脱してしまいます。
バスの運転席は前輪よりも前にあるので、狭い道路だと道路の外に放り出されるくらいの感覚になります。


リヤオーバーハング

次にやはり大型車両特有の注意すべき事項として、リヤオーバーハングがあります。
リヤオーバーハングとは、後輪中央より後ろに突き出ている部分のことです。

ハンドルを左右に切った時、後輪を中心として、この突き出ている部分が左右に振れることになります。
私が乗っているバスの場合、約70㎝外に振れます
だから、これ以上のスペースを確保・確認して右左折しなければなりません。

このリヤオーバーハングがよく問題になる場面は、右折車線からの右折時です。
右折車線で右折待ちの時、当然左側の直進車線を車両が通り過ぎます。
ここで、対向車が途切れたからと言って、左ミラーで左側直進車線の車両の確認を怠って右折すると、リヤオーバーハングがはみ出して直進車両と接触してしまう事があります。

特に幅員が狭く、左側の直進者が大型車両だったりすると、まず当たります。
最初の頃は、この確認がつい疎かになり、何度か危ない場面がありました。
普通車では、なかなかこの習慣は無いですからね。
今では、真っ先に左ミラーを見ています。