40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

【路線バス】今の会社の給与と休日

私が52歳でタクシー会社から転職し再就職したバス会社は、人口約100万の地方都市にある、路線バス会社大手4社のうちの1社です




社員数は約270名で、組合もあります。
教習中は試用期間となりますが、正社員としての採用です

バス車両が配置されている営業所が4か所あり、試用期間終了後、そのどこかに配属となりますが、5年を経過すると、配属先希望が出せるようになります。

市内の路線バスがメインですが、長距離を運行する高速バスもあります。
ただし、高速バスの運転手条件は、50歳までです。
私は、入社の段階でアウトという訳です。


労働条件ですが、給与面は、基本給186,000円+諸手当です。
設定されているダイヤを、スケジュール通りに運行すれば、時間外手当がつくようになっています。
具体的には、月額27万程度になります。これにボーナスを加えて、年収が約400万程度です。

40代後半に転職したブラック企業の営業社員が年収240万程度でしたから、それに比べたら大分いいですね。


年間休日は85日できっちり取れます。
有給休暇も毎年10日以上付与されて、これも条件が整えばしっかり使えます。

勤務形態は5勤1休、5日働いて1日休んでを繰り返します。
従って、休日の曜日が毎週ひとつずつずれていきます。

休日が土曜日とか日曜日になった時に、前後にプラスして連休が取り易くなります。
路線バスは、土日祝のダイヤで便数が間引かれますから。

前もって休日がわかるので、土日に合わせて家族で遊ぶなどのスケジュールが立てやすいですよ。


いかがでしょうか?
悪くないでしょ。

50歳過ぎまで、安定した会社で順調に勤務してこられた方には遠く及びませんが、40代で一度すべてがゼロになった者としては、十分な待遇だと思っています。