40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

【路線バス】貸切バス・観光バスはどうなのか

私が転職し現在乗務している路線バスについてはいろいろご紹介してきましたが、では貸切バス・観光バスはどうなのか、私の知っている限りで少しお話してみたいと思います。

私は前職でタクシー会社を経験したのですが、そこのバス課に大型の貸切バスがありました。
実際に乗務した事はないのですが、仕事の内容について同僚から話を聞いたことがあります。

それによると、まず勤務時間帯が不規則になりがちです
依頼主との関係で朝早かったり、夜遅かったりが多く、出勤時間・帰宅時間が不規則にやってきます。
観光の貸切の場合は、遠方まで遠征し、そのまま現地で泊まりという事もあります。
また、その都度、目的地への道順の確認やスケジュールの確認など、事前準備が必要となります

私は性格的に、勤務時間帯が確定的でなかったり、家に帰れなかったりするのが嫌ですし、事前準備も面倒で嫌でしたので、路線バスへの転職を考えた時も、貸切バス・観光バスへの転職は全く考えませんでした。
同じ乗客とずっと一緒に同行するというのも、性分に合わないと思いました。

でも、もし不規則な勤務時間も泊まりで家に帰れない事も厭わず、旅行気分で色んな所へ行くのが好きなら、貸切バス運転手の方が給与面もいいみたいですよ。たぶん手当が多いんでしょうね。

最後に余談ですが、これはもと貸切バスの運転手だった今の職場の同僚から聞いたのですが、上下関係は結構あるようです。もちろん会社にもよるんでしょうけど。
複数車両の編成で走行する時、先頭の1号車がいちばんのベテランで、この人が少しくらい道を間違えても、決して指摘してはいけないんだと言ってました。