40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

運転していて

バスを運転していると、視線が高いためか、周囲の状況がよく見えます。
信号待ちなどで、周りに止まった車の運転席の様子もわかります。
ジロジロと見るわけでは無いのですが、さりげなく目をやると、ドライバーはかなり高い割合でスマホをいじっておられます。

信号待ちなどで「停止」中は道路交通法違反にならないという話を聞いたことがありますが(明確にはよくわかりません)、停止直前や発進直後も操作していて、停止位置が不自然に前後していたり、車線の極端に片側に寄っていたり、信号が変わってもなかなか発進しなかったりということが、頻繁に見受けられます。

チラッと表情を窺っても、全く意にも介してない感じで、何かちょっと怖くなってしまいます。
私自身毎日運転するなかで、少し接触するだけでも相手に大きなダメージを与えてしまう「鉄の塊」である車両は、扱いひとつで「動く凶器」になってしまうという認識を強く持っています。
それだけに、このような光景は気分を暗くさせてしまいます。

最近、「あおり運転」がクローズアップされて問題となっていますが、やはり車を運転するという行為には、少なからず緊張感や感情コントロールが必要だと再認識させられます。




人気ブログランキング