40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

踏切の恐怖

私が現在乗務しているバス路線には、途中に踏切が2ヶ所あります。
路線の種類は違うものの、どちらもJRのローカル線の踏切です。

ローカル線ですので、単線で、便数も少なく、それほど電車の通過に遭遇することはないのですが、このうちの1ヶ所の踏切が怖いんです。

その踏切は道路を斜めに横切っているため、道路から見たら、踏切の長さというか範囲というか、進入してから抜けるまでの距離が長く時間がかかるんです。
しかも、少し坂になっています。

踏切を通過するとき、普通は踏切を抜け切るまで発進ギアをチェンジしませんが、この踏切は距離が長いので、2速で発進してすぐ3速にチェンジして通過することになっています。

ところがこの2速から3速へのチェンジが、上手くいかないことが時々あるんです。
普段は殆ど無いのですが、3速の位置にギアシフトが入らないことがあります。

つまり、踏切の真ん中で、ギアがニュートラルの状態になって動けない状態になってしまうわけですから、さすがに焦ってしまいます。
だいたい数秒後には解決するのですが、この状況の経験がトラウマになっているのは事実です。

そんな踏切を通過するとき、稀に恐怖の瞬間が訪れるんです。

どんなことかというと、踏切に差し掛かって、停止線で一旦停止しますね。
そして、左右を確認して、いざ発進作業を開始したまさにその瞬間に、踏切の警報器がけたたましく鳴り出してしまうことがあるんです。
おそらくあえてそういう設定がされているのでしょうが、この警報器が鳴り出すと、驚くほど早く遮断器が降りてきます。

先にも書いた通り、この踏切は長く、何故かギアシフトが上手く入らないことがあります。
既に進入している踏切の途中で遮断器が降りてきている中、この状態が起きてもたもたしてしまうと、間違いなく遮断器に閉じ込められてしまいます。
強引に遮断器を押し出して脱出できたとしても、ああよかったと言って、そのまま立ち去るわけにもいきません。
まさに恐怖の瞬間です。

このタイミングに巡り合わないことを願うのみですが、なんと過去に3~4回あります。
けっこう多いんですよね…。


人気ブログランキング