40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

自己申告かなー

今日、バス停で降りられる若い女性が、「〇〇から」と言って料金箱に運賃を投入されました。
「すみませんお客様、整理券をお取りではないですか?」
そうお伺いすると、「いいえ」と何事も無くお答えになります。

これ、若い方にとても多いんですけど、お支払いいただく運賃は、基本的に自己申告ではないですよねー。

ご乗車されたバス停からの正しい金額であろう事はわかりますし、もちろん少ない金額を投入されるわけではないであろう事もわかります。
でもね、信用するとかしないとかいう問題ではなく、こういう場合は客観的に確認できる状態を前提にするのが社会の決まりじゃないでしょうか。

私も運転手になる前に普通に乗客としてバスに乗っていた頃は、整理券をなくしてしまうと始発からの料金を払わなければいけなくなるからと、いつもしっかりと手に握りしめていました。
だって、「私は正直な人間だから黙って信用しなさい」と言っても、通用しないのが常識だと思っていましたから。
これが私の偽らざる本心です。自己申告ですけど…。


人気ブログランキング