40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

立つ人

バス運転時における重要な注意事項のひとつに、車内事故の防止があります。
車内事故とは、急発進や急停車等によって、お客様が転倒されるなどして怪我をされることをいいます。
これが発生した場合は、一般の交通事故と同様に取り扱われ、警察の現場検証が必要となります。
当然運転者にも、法律上の責任が発生します。

運転していて、これは怪しいなと思われる車が近づいてきた時は、意識して予防運転を心掛けますが、その予想をはるかに超える危険な動きに出くわすことがままあります。
こんな時は、どうしても最低限の不本意な急ブレーキをしてしまうことがあります。

なので、基本的な防止対策としても、席が空いているときはお客様に座ってほしいんです。
でもね、必ずいらっしゃるんですよね、席がガラガラでも座らずにそのまま立たれる方が。
そして、そういう方に限って、手すりやつり革など何も持たずにスマホとかやっちゃってるんです。
そして通路が通りにくくなってても、気に留める様子はなかったりします。
お願いですから座ってください。

一応車内マイクで「危ないですから…」とご案内しても、座られない方は座られません。
もちろんいろいろなご事情もあるでしょうから、必要以上にご案内はしませんが、できれば座ってください。

不思議なもんで、ひとり立っている人がいると、たとえ席がガラガラでも、新たに乗ってきた人がまた立っちゃうことが多いんですよね。
なので特に最初の方、どうか座ってくださいませ。

そのような立たれる方の中で、私に強烈なインパクトを与えた方がいます。
それは、ある特定の席を狙って立たれる方です。
だいたい狙いは一番前の席のようなのですが、先客がおられる場合は他の席がガラガラでも、その席が空くのを待って、真横にピタッと立たれます。

これはたまったもんじゃありませんよ。
周りがガラガラでも自分の横に立たれてると気付いて、それならここ譲ってもいいやと思っても、実際なかなか席をたてませんよね。



人気ブログランキング