40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

突然の質問に撃沈します

言い訳ではありませんが、運転席で安全運転に注意しながら、いろいろな機器を操作し、お客様の対応をするのは、意外に大変なんです。

なので、突然質問とかされると、直ぐに答えられないことがよくあります。

発車直前に、「このバス※※行くの?」とか。
路線も複数ありますし、バス停の名前が微妙に違ったりしていると、一瞬言葉に詰まってしまいます。

先日も、お子さん連れの女性の方が降りられる際に、「子供といっしょでいくらになりますか?」とお聞きになられました。
料金が550円とかだと、直ぐに答えられないんです。

お子さんが小学生ということなので、半額になって、端数を切り上げて、これに大人料金を足すと…。
直ぐにわかりません。

そもそも550円の半額すらパッと出て来ません。

「こいつ、算数もできんのか」と思われてるだろうなーと思うと、余計出て来ません。

まあ、運転席じゃなくても、直ぐに答えは出て来ませんけど、私の場合。

お願いですから、あまり冷たい目で見ないでください。
割とデリケートですので…。


人気ブログランキング