40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

新人さんの同乗役

先日、見習い研修中の新人さんの同乗役を仰せつかって、お役を果たしてまいりました。

見習い研修中とはいえ、入社後の座学と路上研修を一通り終えて、教育係から本番乗務のOKが出た段階の新人さんです。
なので、運転席のすぐ後ろに同乗して何かあったらアドバイスをするという役目なのですが、実質何もすることがありません。

何もしないで座っているだけなので、さぞかし楽ちんだろうと思われるかも知れませんが、すごく疲れました。
運転している方が、よっぽど楽です。何故かというと…。

理由その1
バスの左側の最前席に座っていたのですが、車体の左側面が道路ギリギリに感じて、電柱やガードレールに当たりそうでヒヤヒヤしてしまいました。
ちょっと狭い場所を通るたびに、「ひえっ」と声が出て、気が休まりませんでした。
理由その2
バス停に停車して、扉を開けて、お客さんに乗り降りしてもらって、扉を閉めて、発進してという動作すべてが、とても遅く感じて気を使ってしまいました。

50歳を過ぎてから大型二種免許を取って、大型車両の乗車経験も無しに入社したオヤジが、3年も経つとこんな偉そうな感想をたれるようになるんです。
未経験でもすぐに慣れますよ。

人気ブログランキング