40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

接触がありました

今私の担当車両は、修理のため整備工場に入っています。

実は先日、軽乗用車と接触しました。
信号待ちで停車しているところへ、信号の無い側道から出て来た軽乗用車がぶつかってきたんです。

バス車両の左側面の最後部に、進行方向左側の側道から出て来て、正面からドンです。
当時お客さんが約10人ほど乗っておられましたが、幸い怪我はなく、直ぐに他のバスに乗り換えてもらいました。

私は警察に連絡して、会社に報告して、現場検証に立ち会って、以降のダイヤを変更して、結構大変でした。

相手の人は20代の男性で、現場検証の時に警察官の方と話しているのを聞くと、前を見てなかったようです。
前を見てなかった…。
私が走行していたのは、片側2車線の幹線道路である国道です。
そこに側道から合流するのに、前を見ていない…。

私には、どうしても理解できません。
そのような状況でのリスク感覚や恐怖心といったものはないのだろうか。

このような交通社会の中で、安全に運行していかなければならないのが現実です。


人気ブログランキング