40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

右折直前のバス停

バス停はいろんな場所にありますけど、正直言ってここには停まりたくないなーっていうバス停の場所があります。

それは、片側2車線の幹線道路から、右折して別の道路に入る直前にあるバス停です。
片側2車線のうち、当然走行車線側を走っていますので、右折する道路の手前で右側の追越車線を通過して右折車線に入らなければいけません。

幹線道路で通行量が多いので、走行しながら追越車線の車両をかわして右折車線に入る方がスムーズにいって楽なんですけど、バス停に一旦停まるとなると、けっこう大変なんですよねー。

発進してすぐ車線を一つ通り越して右折車線に入るのが意外に面倒なんです。
追越車線をビュンビュン走ってきますしね。

なので、そこで降車ボタンがピンポーンと鳴ると、「どうしてもここじゃないといけませんか!」と思ってしまいます。

勝手に思っているだけなので、気にしないでください…。



人気ブログランキング