40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

バス停の切り込み

バス停には、だいたい停車スペースとして切り込みが作ってあります。
狭い道路などのバス停では、切り込みスペースが無くただ標識が設置してあるだけの所もありますが、幅員の広い道路では、歩道側に切り込んだスペースがある所がほとんどです。

このスペースに、本線からハンドルを切って進入するわけですが、できるだけ歩道の縁石に近づけて停車するようにしています。
乗降車しやすいですからね。

最初の頃は、寄せ過ぎてバスの左前の角を縁石にガリッとやったことが何度かあります。
えらいもんで、毎日何度も何度も繰り返していた今では、ギリギリにピタッと停めることができるようになりました。

ところでこの切り込みスペースに進入する際、走行していた本線からハンドルを切って斜めに進入することになるため、必ずフロントのオーバーハングが発生します。

フロントオーバーハングとは、前輪中央より前に突き出ている部分のことです。
ハンドルを切った時、前輪を中心として、この突き出ている部分が外に振れることになります。
特に切り込みスペースの長さが短いと、本線からより急な角度で進入せざるを得ないため、オーバーハングの振れ幅も大きくなります。

つまり、バス停の歩道で待っておられるお客様に対して、このオーバーハングによる振れ幅空間分の確保を、細心の注意をもって認識し徹底しなければならないんです。

でもね、この切れ込みのあるバス停の歩道で、車道側ギリギリに立って待っておられるお客様がいらっしゃるんですよね。
場合によっては、バスが近づくと、そこから更に車道側に身を乗り出してこられる方もいらっしゃいます。

そうなると、先ほどのオーバーハング空間確保の必要から、あまり歩道縁石には近づけないことになります。
不本意にも、歩道縁石にピタッと停めることができないわけであります。
今や、そのテクニックを身に付けているにもかかわらずです。

ところがところが、そのようにピタッと停めることができない原因をつくった身乗り出しさんがバスに乗ってこられた時に、こちらを睨んでおっしゃるんです。
「はあ、もっと近くに付けてくれんと、乗りにくいわ。」

【わたしはぴたっとつけることができるのにあなたがいたからできなかったんです】

この36文字が言えない情けない私です。


人気ブログランキング