40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

ガラガラの時の、一番前の席

1日の運行ダイヤの中には、明らかに乗客の方の数が少ないだろうと予測される便があります。
朝、郊外から中心部へと運行した通勤・通学をメインとする便が終わった後の、中心部から郊外への折り返しの便などがそんな感じになります。
それが、更にメインを外れたルート経由とかの便となると、実際乗客数は最後までほんの数人だけだったという事もよくあります。

そんなわけで、そのような便を運行する前は、ちょっとゆっくりできるかなーと期待して、半笑いで運転してしまいます。

でもね、時々あるんですよね。
確かに予想通り乗客の方は殆ど無いのに、たまたまレアに乗ってこられたお客さんが、だーれもいない車内の客席の一番前に座られて、そのままずーっと二人っきりで運行することがね。
しかも、何か意識を運転している私の方に飛ばしてくるんですよね。

気になる!
せっかくゆるい便で他のお客さんゼロなのに、こんなに近くに二人っきりで気まずい!
もちろんどこに座ろうとお客様の自由で、完全に個人的な意見ですけど、わざわざ一番前に座らなくてもいいじゃん!

ゆっくりできるかなと期待しているだけに、正直これがけっこうイラッとしてしまうんですよね。
全くもって勝手で個人的な感想ですけど、そう感じてしまうのは自分でもどうにもなりません。
悪しからず。


人気ブログランキング