40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

だって路線バスですもん2

みなさんは、路線バスを利用される時に、運転手にどれ程の接客サービスを期待しておられるでしょうか。

運転手の態度や一挙手一投足を、申し訳ないほど注視しておられるお客さんも確かにいらっしゃいます。

でも、大半のお客さんは、日常の気楽な移動手段としてほぼ機械的に利用され、「今日の運転手はどんな奴だろう、どんなサービスをしてくれるんだろう」とか考えながら乗車される方は稀なんじゃないでしょうか。

実際私の奥さんでさえ、乗ってから降りるまで、私が運転してると気付かなかった時があるくらいですから。
まあ、個人的にちょっとボーっとしているのかも知れませんけど。

そんなわけで、私の解釈としては、お客様は運転手に関心を示していることは殆どなく、過度なサービスの期待などもなく、余程腹立たしい態度を取るのは論外として、不快ではない程度の適度のサービスを予測しておられるんだろうと思っています。
だから私は、さりげない最低限のサービスを心掛けています。

決して行き届かないサービスの言い訳をしているわけではありませんよ、いいえ違います。

同僚で、サービス至上主義を自認し、車内マイクでご案内やご注意を頻繁に喋っていたら、うるさいってクレームを入れられたやつがいます。
ね、ほらごらんなさい。
だって路線バスですもん。


人気ブログランキング