40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

こんな状況です

一昨日の日曜日に勤務したんですけど、道路がガラガラでした。

それも中途半端なガラガラではなく、自分だけが走行してるんじゃないかと思う位のガラガラ具合です。

昔読んだ、SF小説の中の世界みたいでした。

こんな地方都市ですが、いずれ経済が立ち行かなくなるんじゃないかと、不穏な空気を感じざるを得ませんでした。

もちろんお客さんも少なかったですよ。


人気ブログランキング

おいおいの車

一日中バス運転してますので、いろんな「おいおい」の車見かけますよ。

夜間ライトを一切点けずに走る忍者カー、対向車が居ようと先行者が居ようとずっとアップライトを維持する上向きカー、そして今回新種に遭遇しました。

ずっとブレーキを踏んだまま走行するホタルカーです。
すぐ前を走っていたのですが、普通の直進走行中に赤いブレーキランプが点いたままで消えません。

あまり続くので、ひょっとしたら故障してるのかなとも思ったのですが、たまーに消えるので故障ではないようなんです。

下り坂ではないので、当然アクセルは踏んでいるはずだけど、それでどうやってブレーキも踏み続けているんだろうか。

やっぱり右足アクセルで左足ブレーキか。

考えられんほどデンジャラスだなおい。

日本の交通事情は、今後もこれで本当にいいんでしょうか。
こんな私でも、ちょっと心配になってしまうのよ。


人気ブログランキング

だって路線バスですもん2

みなさんは、路線バスを利用される時に、運転手にどれ程の接客サービスを期待しておられるでしょうか。

運転手の態度や一挙手一投足を、申し訳ないほど注視しておられるお客さんも確かにいらっしゃいます。

でも、大半のお客さんは、日常の気楽な移動手段としてほぼ機械的に利用され、「今日の運転手はどんな奴だろう、どんなサービスをしてくれるんだろう」とか考えながら乗車される方は稀なんじゃないでしょうか。

実際私の奥さんでさえ、乗ってから降りるまで、私が運転してると気付かなかった時があるくらいですから。
まあ、個人的にちょっとボーっとしているのかも知れませんけど。

そんなわけで、私の解釈としては、お客様は運転手に関心を示していることは殆どなく、過度なサービスの期待などもなく、余程腹立たしい態度を取るのは論外として、不快ではない程度の適度のサービスを予測しておられるんだろうと思っています。
だから私は、さりげない最低限のサービスを心掛けています。

決して行き届かないサービスの言い訳をしているわけではありませんよ、いいえ違います。

同僚で、サービス至上主義を自認し、車内マイクでご案内やご注意を頻繁に喋っていたら、うるさいってクレームを入れられたやつがいます。
ね、ほらごらんなさい。
だって路線バスですもん。


人気ブログランキング

だって路線バスですもん

暑いですねー。
梅雨が明けたと思ったら、いきなりの猛暑が襲ってきましたね。

私もお客様に少しでも涼しい思いをして頂くべく、オンボロバスの冷房能力をフル稼働させて運行しています。
いっぱいいっぱいの努力をしてますよ。

それなのに、乗車された途端に「あー暑い」と宣い、これ見よがしに団扇をパタパタさせ続ける方、大変失礼ですけどイラッとしちゃいます。
路線バスですよ。
そんなに完璧に快適な空間は作れません。

それを言っちゃあオシマイですかね。
スミマセン。


人気ブログランキング

曇天の日に後ろ向きでごめんなさい

早朝出勤して昼前後に終わる早上がり日は大好きですが、昼過ぎから出勤して深夜まで勤務する遅出の日は大嫌いです。

今日がその遅出の日です。

出勤までの時間は結構あるけど、何かするには中途半端で、落ち着かず、出勤の段階でもうかなり疲れてしまいます。

それからの3往復がキツイです。

あ、それから、早上がり日が大好きとは言いましたが、通常勤務日に比べて好きという意味で、決して仕事が好きということではありません。

ジメジメした曇天の日が続いて、こんな暗い後ろ向きな記事を書いてしまいましたが、天候にかかわらず私はこんなオジサンです。

妙に自虐的な内容になってしまいましたが、こんな仕事嫌いなオジサンでもなんとか続けられる路線バス運転手ってね。


人気ブログランキング