40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

路線バス運転手になってよかった

早いもので、路線バス運転手になって2年半が経過しました。
サービス残業もなく、不本意な休日出勤もなく、有給休暇もとれ、ノルマに追い回されることもなく、決して多くはないけれど安定した給与をいただき、ほぼストレスフリーな生活を送らせてもらっています。

今から思い返せば、ブラック会社で働いていたときには、50歳を目前とした自分にこんな世界が残されていると想像するすべもなく、絶望と諦めの中で生活していました。

転機となったのは、やはりタクシー運転手への転職でした。
この決断にはかなり抵抗がありましたけど、結果として思い切って決断して本当に良かったと思っています。
このタクシー運転手への転職をきっかけに大型二種免許を取得することにもなりましたし、職業運転手という世界にも足を踏み入れることができました。

いわゆるサラリーマンからタクシー運転手に転職する人は、けっこう多くいらっしゃるようです。
実際私が勤めていたタクシー会社でも、もともとホワイトカラーだったという人が大半でした。
ただ、サラリーマンからいきなり路線バス運転手になるという人は、やっぱり少ないですね。
これは大型二種免許所持者という条件の壁が大きいことに加えて、ある程度年齢がいってて未経験では無理だろうという先入観の影響もあるように思います。

タクシー運転手の場合は、先の記事でも書きましたが、入社後に普通二種免許を取得してもOKで、しかも取得費用を一定条件の下で負担してくれる会社が殆どですので、いきなりでも入り易いんです。あとは気持ちの問題だけです。

バス運転手の場合は、入社してから大型二種免許を取得するというのは、なかなか難しいようですね。
一部では入社後取得可というところもあるようですが、大半の会社で大型二種免許若しくは大型一種免許所持者という条件が付されているようです。

私の場合は、タクシー会社勤務時に成り行き上大型二種免許を取得したのが、結果的に幸いでした。
もうブラック会社にでも入るしかないという以前の私のような状況になってしまったら、タクシー運転手になるとか、多少の費用と時間をかけてでも、大型二種免許を取得するとかいう選択もあるかもしれませんよ。



人気ブログランキング