40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

路線バス利用者

私が住む地方都市では、人口減少と超高齢社会の到来や、高齢者の免許保有者数の増加等により、路線バス利用者は毎年減少傾向が続いているようです。
今後も就業人口や学生の減少に伴い、通勤・通学を目的としたバス利用についても減少していくことが予測されています。



そんな中で利用者が増加しているエリアもあります。
新興住宅団地のあるエリアと、中高一貫の新設校があるエリアです。
今このエリアでは、通勤・通学のラッシュ時には5分おきに出発してもすべて満員になる程の状態です。

ただ、全体から見ればほんの一部で、今後の趨勢を変えるほどの勢いはないものと思われます。
こうして考えると、路線バス運転手という職業が売り手市場であり続けることはないような気がしますね。

そうは言っても、現役の運転手にも高齢化の波が押し寄せているのも事実で、将来的には減便等による求人数減少があるとしても、少なくとも暫くは運転手不足の状況が続きそうです。



人気ブログランキング