40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

平日休暇のいいところ

当社の勤務形態は、5勤1休が基本となっています。
5日間勤務して1日休みというリズムを繰り返します。
なので、毎回公休日が1曜日ずつ前にずれていくことになります。

月曜日が公休日だったら、火・水・木・金・土と働いて、次の公休日は日曜日となるわけです。
というわけで、平日・土日と、すべての曜日が順番に公休日となります。
私は個人的に土日は休みたいという思いがあったので、公休日が全部土日だったらいいのにとずっと思っていました。

ところがつい最近になって、平日に休みがあってよかったと思うようになりました。
何故かと言うと、実は56歳にしてゴルフを始めたからです。
厳密に言うと、約40年前の高校生の時に、父親について行った練習場での打ちっ放しが最初のゴルフだったのですが、当時のゴルフにはお金がかかったので、就職して出世したら本格的にゴルフを始めようと決めて以来、出世せずに40年が過ぎてしまったんです。

残り人生も短くなり、最近では昔ほどお金のかかる遊びではなくなったと知って、この歳になって恐れ多くも始めちゃったんですよね。
そのゴルフのコースでのプレイが、平日が断然お得なんです。
しかも人が少ないのでゆったり回れるし、いい事ずくめです。

ゴルフをされる方、平日に休みがあるバス運転手はいかがでしょうか。


人気ブログランキング