40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

休日明けの出勤の憂鬱

恥ずかしながら、仕事にやりがいを感じるタイプでも、仕事が楽しくて仕方がないというタイプでも、ましてや仕事に命をかけるタイプでもないので、休日明けの出勤というのが苦痛でした。

でも、正直なところ、今はそれほどでもありません。
営業のサラリーマンのときは、あの作業をいついつまでにやらなきゃとか、新規に訪問して確実に結果を出さなきゃとか、あのトラブルの件を引き続きフォローしなきゃとか、営業用の自分を演出して対応しなきゃとか、前の晩にそれはそれはいろんな事を考えてひたすら憂鬱になっていましたけど、今はまじめに安全にこれだけやればいいという感じですから。

仕事に前向きな人には物足りないんでしょうけど、私には向いていたみたいです。

そんなわけで、そこまで憂鬱になる事も無く休日の夜を迎えています。
まあ、会社に行くのが楽しみというわけでは、まったくないんですけどね。



人気ブログランキング