40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

運転手は意外に目立たない

路線バスの運転手になろうかと考えた時に、ちょっと抵抗があったというか、嫌かなと思ったことがあります。
それは、大勢の人を乗せてたったひとりで対応し運転するドライバーという存在が、とても目立ってしまうものなんじゃないかという点でした。

目立つのは嫌いでした。
できればひっそりと、黙々と仕事をしたい方でしたから。
でもまあ、それを理由に諦めるのもなんだし、まあいいかぐらいの気持ちで踏ん切りました。

ところが実際になってみると…、どうやらあまり目立たないみたいです。
どんなヤツが運転してるかなんて、殆ど気にしてないんだなというのが、3年目を迎えている今の感想です。

一度私の奥さんが乗ってきた時も、最後まで運転手が私だと気づかなかった事があります。
後で家に帰って話したら、ちょっと考え事をしていたとは言っていましたが、まあそんなもんみたいです。

家の近くも走るので、ご近所の方に気づかれるのも嫌だったのですが、どうやらそこまでの心配はいらないみたいです。


人気ブログランキング