40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

路線バス運転手の拘束時間は本当に長いか

ネットで転職関係のサイトを見ていると、路線バス運転手という仕事の紹介記事や評価記事の中で、悪い所として「拘束時間が長い」という指摘がよく見受けられますね。

かく言う私も、固定記事「路線バス 良い所と悪い所」の中で、悪い所として「拘束時間が比較的長い点」と書きました。
しかし、あえて「比較的」と加えて記載したように、「まあ短い方ではないよ」くらいの意味で書いたもので、「わざわざあげつらえて言う程のものではないでしょ」というのが本音です。

実際に先週と先々週の拘束時間を大まかに計算してみると、先週が9時間・13時間・12.5時間・12時間・8時間で平均して約11時間、先々週が9.5時間・13時間・12時間・12時間・8時間でこれも平均して11時間でした。
拘束時間11時間というと、朝8時に出社したとしたら、夕方7時帰社するという感じですね。
普通これくらいは会社にいません?
決してそんなに長いとは思わないんですけど。

もちろん、今回の寒波到来時のように、チェーンを巻いたりするためにいつもより早く出勤するとか、そんな日もありますよ。
でも、あくまでレアケースです。年に数回のことです。

しかも、拘束時間のうち、休憩時間が1日平均して2~3時間以上あり、この時間は食事はもちろん、仮眠しようがテレビを観ようが散歩をしようが基本的に自由です。

そして、1日の運行が終了すれば、さっさと帰れます。
上司が残っているからとか、今日今週今月成績が出ていないからとかで、帰りたいのにモジモジしてしまうことはありません。
みなさん、そんなにさっさと帰れますか?

もちろん、さっさと帰れるし、拘束時間も8時間・9時間程度という会社はたくさんあるでしょうけど、路線バス運転手という仕事が取り立てて長い拘束時間であるという評価は、当てはまらないように思えるんですけどね。



人気ブログランキング