40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

路線バスの乗客数

路線バスには、乗客の方の数が多い時間帯と少ない時間帯、多い路線と少ない路線などがあります。
また、曜日や天候などによっても乗客数は違います。

もともと乗客数が少ない路線での休日の早朝など、乗降客がなく道路もスイスイで、うっかりすると早発になってしまいます。

路線バスの運行ダイヤにおける各バス停の通過時刻は、特に何事もなくスムーズに運行した場合に必要となる時間をベースに設定してあるようです。
なので、お客さんの乗り降りがそこそこあったり、ちょっと渋滞があったりすると、遅れ気味になっていくのが通常です。
ところが前述のようにあまりに順調に進んでしまうと、バス停に早く着きすぎてしまうんです。
これでそのまま直ぐに発車すると、早発になってしまいます。

このように各バス停の発着予定時刻より早く出発してしまうと、乗車予定であったお客さんを置き去りにしてしまう可能性があり、当然禁止事項になっています。
そこで、早く着きすぎた場合は、そのバス停にしばらく停車して時間調整をしなければなりません。
みなさんも、乗降客がいないのにバス停をなかなか発車しないバスに乗られた経験はないでしょうか。
この、秒単位で発車時刻を気にしながら時間調整を必要とする運行は、実は結構面倒です。
渋滞で動かないのは嫌ですが、スイスイ過ぎてもダメなんですよね。

ところで、私は路線バスの運転手になってもうすぐ3年になりますが、過去に1度だけ、始発から終点まで乗客者ゼロのパーフェクトがありました。
なんか仕事をしてなくて申し訳ないような気持ちになったのを覚えています。

人気ブログランキング