40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

早出待機の当番が無事終了しました

今日は、月に一回程度順番が回ってくる「早出待機の当番日」でした。
無事、何事も無く終了しました。

以前も書きましたが、当日の急な欠勤者に備えて待機するこの日は、ドキドキして心臓に悪いんです。
基本的に働くのが嫌いな人間ですから。

今日こそは乗務のお呼びがかかるぞと戦々恐々としてしまいます。
まるでロシアンルーレットです。

早朝5時から8時まで待機して、その間にお呼びがかからなければその後は公休日としての一日となります。
ただ、拘束時間は3時間だけとはいえ、通常出勤していつでも乗務できる状態にして過ごしますので、はい帰っていいよと言われても、なかなか通常の公休日のようにはリラックスできません。

まあ、当社の制度ですから仕方ありませんね。

因みに他の会社がどのようなやり方をとっておられるかは全然わかりません。

それはそうと、気がついたらずいぶん日が短くなってきましたね。
ちょっと前まで朝5時前後に出勤しても明るかったのに、今はすっかり暗くなっちゃいました。
なんか寂しい気分です。個人的に。


人気ブログランキング