40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

忘年会

当社の運転手は、公休日が重ならないように6つのグループに分かれています。
グループごとに1日ずつ公休日がずれているため、毎日決まったダイヤが途切れることなく運行されることになります。

その同じ公休日のグループメンバーによる、忘年会がありました。

この仕事は、アルコールを完全に自己管理する必要があり、また日々の業務終了時間も各自バラバラなので、ちょっと帰りに一杯というのはまずありません。

忘年会とか新年会とかも、私の所属するグループにはたまたま世話好きな人がいて毎年開催されていますが、グループによってはまったくやらない感じで、むしろその方が多いかもしれません。

実は私は多くの人とワイワイ飲んだり騒いだりするのが好きではありませんので、そういうのが殆ど無いこの仕事は良かったと思いますが、このグループの忘年会や新年会は正直ちょっと有難迷惑なのです。

とは言っても、普通の会社に比べたら、やっぱりお気楽ですけどね。

必要以上にコミュニケーションを取るのが面倒臭い人、運転手向いてますよ。


人気ブログランキング