40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

奇跡のオファー

当社は5勤1休の勤務形態ですが、5日間の勤務のうち休日前となる最終5日目は、より早朝出勤して昼過ぎには終了するいわゆる早上がり日となっています。

何度も書いていますが、私はこの早上がり日が大好きです。
何より単純に、仕事から早く解放されるという点だけでも魅力を感じてしまいます。

ところがひとの好みは様々で、この早上がり日が嫌いな人もいるんですよね、やっぱり。
その人に理由を聞いてみると、まず少し朝が早いのが嫌みたいです。
確かに通常は平均して6時台の出勤ですが、早上がり日は5時前後の出勤になります。

そしてこれはちょっとパーソナルな理由でしょうけど、勤務が昼過ぎに終わってしまうと、そこからどうしても一杯飲んでしまい、その日の午後がグダグダになってしまうからとのことです。
だから、午後6時とか7時頃に終了する、適度な終日勤務がいいんですって。
ちょっと笑っちゃう理由でした。

まあそれはいいんですけど、私の今回の勤務4日目の担当ダイヤがまさにそのような終日勤務だったんです。
そこで来ました奇跡のオファー!
その人の5日目の早上がりダイヤと、私の4日目のダイヤを交替してくれないかというオファーでした。

するする、するっちゅーの!
当事者双方が合意して、運管が了承すれば、勤務交替ができるんです。

これで4日目が早上がり勤務となり、本来の5日目勤務と合わせて、夢の連続早上がり勤務です。
こんな些細な歓びを見つけながら、路線バス運転手の勤務は続くのだ。


人気ブログランキング