40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

売れました

今日は公休日なのに、月1回程度の頻度でやって来る早出待機の当番日でした。
そして売れました。

我々は、当番日に急な欠勤者が出て、代わりにその勤務に就くことを「売れる」と言います。

恐ろしい言葉です。

朝5時前に出勤するや否やアズスーンアズ、運管から「すぐ準備して」と運行表を渡されました。
うわ、心の準備もさせてもらえないわ。
鬼だわ。

そこからモヤモヤした気持ちのまま、なんとか運行勤務を全うしました。

せめてもの救いは、午後4時頃には終了する便だったことです。

帰りに、自分へのご褒美として、打ちっ放しに行かせてもらいました。
打ちっ放しもバカになりませんからね、プレー代が。

ところで突然ですが、おばちゃんって、なんでカバンの中にビニール袋をいっぱい入れてるんでしょうね。
通勤時間帯以外の運行時に乗車してこられるおばちゃんは、かなりの確率でビニール袋をカシャカシャさせ続けます。

ちょっと疲れて、へんなことが頭に浮かんできてしまいました。


人気ブログランキング