40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

地獄の公休日長拘束勤務なのだ

昨日は早出待機の当番日でした。

何度も書いていますが、公休日であるにもかかわらず早朝5時までに出勤し、8時まで待機し、その間お呼びがかからなければお帰り下さい、欠勤者が出ればそのダイヤをやりなさいという、ロシアンルーレットのような最悪な制度です。

そして、待機時間中に急な欠勤者が出てお呼びがかかることを、我々の中では俗に「売れる」と言うのですが、売れました。
しかも、拘束時間の長い、きついダイヤがです。

朝5時前に出勤したのに、8時から21時過ぎまでの乗務を命じられました。
精神的にも身体的にも負担が大きすぎるちゅーの。

幸いというか、今日は昼からの出勤ですけど、結局次の公休日まで休みなしです。
皆さんには、この制度がない会社への転職をおススメします。

ただ、手当はちゃんともらえますよ、当然ですけど。
何せ、サービス残業、サービス出勤の会社を経験してるもんで。
そういやすっかり忘れちゃってましたけど、それに比べりゃどうってことないか。



人気ブログランキング