40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

交通マナーでため息が出ることもあります

この仕事をやってて、ため息をつきたくなるようなマイナスな気持ちにさせられる事の一つが、マナーの悪い車両に遭遇して危ない目に会う事です。

この数日間でも何度もありました。
というか、1回の運行で1回はあると言ってもいいくらいです。

一番多いのが、やはり急な割り込みです。
方向指示器も出さず、無理な角度で切り込んでくる車がとても多いです。
酷い場合は、右隣の車線からほぼ真横に前を横切って左の沿道施設にそのまま入る車もあります。
この場合、車道から沿道施設に入る直前で急激に減速しますから、本当に危ないです。

バイクにもあります。
そこを今通るかというタイミングで、強引に通り過ぎて行きます。

最近は、自転車でも猛スピードで車道を走っている人がいます。
ずっと車道ならまだいいのですが、車を縫いながら、車道と歩道を縦横無尽に行ったり来たりします。
バス停に停めた時など、いきなり歩道に上がってきたりして、とても危ないです。
お客様が降りられるときには注意を促しますが、何度も危険なタイミングがありました。

それでも、僅かな接触でもあると、路線バスの事故として大きなニュースになることがあります。
公共交通機関の仕事とはそんなものだと自分なりに割り切って納得しているつもりですけど、やっぱり腹も立つし、ため息も出てしまいます。

このような一面があるのも、路線バス運転手のシゴトだと思ってくださいね。



人気ブログランキング