40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

中休みダイヤ

今日の担当ダイヤは、朝6時過ぎに出勤して10時位まで乗務し、その後夕方5時位から夜9時位まで乗務するパターンでした。

つまり、午前10時から午後5時までの間が長い休憩でした。

この間は、基本的に自由です。
休憩に入る前と、休憩が終わって夕方の乗務を始める前にアルコールチェックがありますが、そのまま会社で過ごしても、病院に行っても、用事を済ませても、家に帰って寝ても、どれもOKです。

何故こんなダイヤがあるのかよくわかりませんが、個人的にはあまり好きではありません。
以前「午後からの出勤が嫌いです」というブログ記事を書きましたが、この中休み勤務も中途半端な感じになってしまい、何か勿体ないような気がしてしまいます。

今日は結局家に帰りましたが、天気が良くても着替えてどこかに出掛けようという気にはなれず、仮眠したり、テレビを観たりしてました。

短い時間でも驚くほど切り替えて、時間いっぱいに行動的に過ごす人がいますけど、私は出勤時間が気になってどうもダメですね。

それでも朝一度気合を入れて一仕事しているだけに、休憩明けの再出勤も、午後からの出勤ほどは面倒臭くありませんでしたけど。

このように、担当ダイヤには、日々特徴があります。
毎日同じのを繰り返すよりは、目先が変わっていいですかね。


人気ブログランキング