40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

バッテリースイッチって知ってますか

車に乗り込んで、さあスタートっていう時には、まずイグニッションキーを回しますよね。

私も教習所で初めてバスに乗った時、教官から「じゃあ、エンジンをかけてみてください。」と言われて、何の迷いもなくキーを回し、うんともすんとも言わないので「これ、壊れております。」と進言したのを覚えています。

実はバスを始動させるためには、キーを回す前に、バッテリースイッチ(一般的にはメインスイッチと呼ばれています)を入れなければなりません。 



画像の一番右端にある、バッテリーのマークがついているのがメインスイッチです。

このメインスイッチを入れることで、バッテリーと電気系統が接続され、エンジンの始動はもちろん室内灯や各種運行機器などの利用が可能となるのです。

知りませんでした。
大型車に乗るまで、つまり50歳過ぎまで知らなかったです。
ちなみにトラックとかはどうなってるのか知りません。乗った事ないんで。

休憩とかで、ちょっと長い時間停めて置く時はこのメインスイッチを切ります。
バッテリー上がり防止のためですかね。

他業界からの転職組は、結構みんな知らなかったみたいなんで、もし皆さんがご存じなかったとしてもノープロブレムです。



人気ブログランキング