40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

休日死守です

早出待機の当番日を命がけで切り抜けて、束の間の休日がやって来ました。

朝5時から8時まで出勤待機して、帰宅して残された時間だけでは休日とは言えませんが、それでも今日だけはどうしても仕事をせずに帰りたかったんです。

特に何か用事があるという訳ではないんです。
でも帰りたかった。

だって休日ですもん!

ここのところ、3回連続でお呼びがかかって緊急勤務となっていたので、今回も完全に弱気になって負け気分で待機していました。

そんなところに運行管理者が紙を持って入って来たもんだから、「ああー」といったん心臓が止まり、直ぐに息を吹き返したものの身体から力が全部抜けきってしまいました。

「…お呼びですか…?」弱弱しく尋ねると、
「え? あー違います。通知事項を貼りに来ただけです。わっはっは。」
「………。」

しめときました。
ややこし過ぎるちゅーの。

こんなんが続いたら、本当に病気になりそうだわ。


人気ブログランキング

運行管理者との相性

感染性胃腸炎にかかりました。

昼から出勤の日の朝起きた時から、なんかお腹がムカムカして身体もだるいなと思ったんですが、測っても熱は無く、いつも通り出勤するつもりで時間までゴロゴロしていました。

すると9時くらいから急にムカムカが増幅してきて吐き気に変わり、悪寒も激しく襲ってきて、熱を測るとあれー38度6分じゃありませんか!

とても出勤できる状況ではなくなり、突然の欠勤報告で大ヒンシュクを買うのを覚悟しながら、それでもなるべく早く連絡しなければと意を決して電話すると、運管から思った以上にグチグチ嫌味を言われました。

そりゃ悪いのは自己管理ができていない私で、周りに迷惑をかけてしまうのは申し訳ないと思いますけど、そのような状況も織り込んで対処するのがあなたの仕事でしょと言ってやりたい。
私が言うのもなんですけど。
しかも実際言えてないですけど。

その運管は、困った時は妙に理不尽な倫理観を盾に代替出勤を迫ってくるし、最悪です。

他の運転手とはその気になれば絡まないでも済むけど、この運行管理者とはどうしても絡まないわけにはいかないので、正直気が重いです。

普通であれば、会社内のどこにでもあるような人間関係ですけど、比較的人との関わり合いが少なくて済むこの業界では、運行管理者との相性は意外に影響大と感じます。


人気ブログランキング

大雪ですって?

この期に及んで雪が降るかもしれないですって?

しかも積雪の可能性もありですか?!

ということは、チェーン装着が必要になるとしたら、明日早朝ですね。

はいっ、明日は公休日です!

いやーごめんなさいね。

今シーズンは安泰だっていう状況だっただけに、チェーンはキツイだろーなー。

いやーお休みでホントごめんなさい。

今外見たら、いつの間にか吹雪いてます。

こりゃ本物だわ…。


人気ブログランキング

有休が取れて3連休です

有休が取れました。
しかも3日間もです。

1ヶ月前、退職者や病欠などによる欠員が続いて、有休を申請しても全く取れない状況だった時に、半分腹いせに3日連続で有休申請していたのをすっかり忘れていました。

今は新規配属や病欠復帰によって状況がかなり改善されており、有休申請順位3番手だった私も(年末年始と盆以外は早いもの順です)、全部取れちゃったみたいです。

筋金入りの仕事嫌いの私にとって、この降って湧いたような休日はとても嬉しいのですが、何かしようとすると、当然かかるものがかかっちゃうんですよね。

でもね、たとえ家にずーっといるしかないとしても、仕事するよりはいいです(きっぱり)。


人気ブログランキング

どうやら2年連続でチェーン装着無しのようです

遅ればせながら今シーズン最強寒気がやって来たようですが、やはり雪は降りません。

どうやら、2年連続でタイヤチェーン装着無しは濃厚のようです。

手がかじかむ悪条件の中で、なかなかすんなりとは巻かれてくれない重たいチェーンを装着するのは、肉体的にも精神的にも相当負担なんです。

地球温暖化とか大きな問題が潜んでいるのかもしれませんが、初老を迎えつつあるしょぼしょぼ運転手にはテーマが大きすぎて、目先の事で一喜一憂するのが関の山です。

地球温暖化に対応する優秀な方々、できれば定年まで待ってください。


人気ブログランキング