40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

大丈夫ですか?

そのバス停に差し掛かったとき、降車ボタンは押されなかったのですが、乗車待ちのお客さんがバス停に数人いらっしゃったので、当然バスを停車させました。

中扉を開けて乗車していただいている最中に、ひとりの若いスーツ姿の女性が運転席の方へゆっくり歩いて来られました。
両替かICカードのチャージかと思ったのですが、しっかりした声で、「押し忘れました。降ります。」とおっしゃいました。

「あ、降りられますか? 有難うございます。」
たまたま乗車待ちのお客さんがいらっしゃったので良かったけど、そうじゃなきゃ通過してるぞと思いながら降車扉を開けると、その若い女性のお客様は、そのままスタスタと車外へ降りて行かれます。
「? お客様、料金は…?」
「うっかりしてました。」
そう言って後戻りし、ICカードをタッチして行かれました。

余計なお世話かも知れませんが、その先大丈夫ですか?


人気ブログランキング