40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

バスが動かなくなりました

バスが動かなくなりました。
担当者に似て、仕事をするのが嫌いなバスだとは思っていましたが、やってくれました。

営業所で暫し休憩した後、始発である駅のバスホームにつけて発車時間を待っていました。

予定の時間が来て、よし行くかとイグニッションキーを回して、あれ?回して、回してもエンジンがかからない…。

そうなんです。
ついさっきまで普通にスターターが始動していたのに、プスリともいいません。

バッテリーメーターは問題無しなのに。

何度やってもダメで、諦めました。

そこからが大変でした。
バスホームを占領しているので他のバスがつけられず、やって来た運転手に説明し、ホームに来られるお客様を誘導し、これを替わりのバスが到着するまでの1時間半続けました。


結局セルモーターが丁度寿命を全うした瞬間だったみたいで、別のものにゴッソリ交換していました。

上の写真がセルモーターです。

実はこんなこと、結構あります。


人気ブログランキング