40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

まさかそんな

連休明けの今日、車内の空気は重いですよー。
皆さん、ご出勤、ご通学お疲れ様です。

それに引き換え、私の気分はアゲアゲです。
何せ、今日は大好物の早上がり日ですから。特に今日は昼前には終了するダイヤです。

その分連休はしっかり働いているから、お許しくださいね。

順調にダイヤをこなし、いよいよ最後の運行。
帰ったら終わりだー!
でも、その気分もここまででした。

終点近くのバス停に止まって、お客様の乗降扱いをしていると、コンッ
……? ん? 何か当たった?

私のバスの前に乗用車が止まって、助手席から女性が降りて来ておっしゃいました。
「ごめんなさい、当たりました。」

えー、嘘でしょー!
お客様の乗り降りの方を見ていたので右側は見てなかったけど、どうやら乗用車が通り抜ける時に、ミラーが私のバスの前方右角に接触したようです。
運転してたのは、高齢の男性のようでしたけど。

殆ど傷も無いのですが、わざわざ降りて来て申告されてますし、後々何かあってもいけないので、ここは警察を呼ばなきゃいけないかー。
はー、嘘でしょーー…。

そこからは結構大変なんです。
お客様には事情を説明して後続車に乗り換えをお願いし、警察官の方に連絡して到着を待ち、営業所に報告して指示を受け、到着された警察官の方の聴取に応じ、車検証・保険証・運転免許証を提示し、相手の方の氏名・住所を確認し、すべて終了して営業所に帰ったら報告書を書き、何だかんだで2時間近く余計にかかってしまいました。

終わったらサッと帰ってと考えていたところに、思ってもいなかったこの面倒な手間の追加は相当堪えました。


人気ブログランキング