40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

それ、気まずくないですか

昨日の台風では、高速バス・長距離バスに運休があったりしたようですが、われわれ路線バス部隊は何の忖度も無く通常業務に駆り出されました。
台風最接近時には車体もそこそこ揺り動かされましたが、横転には至らず何よりでした。

さてそれでは、本日の運行乗務中のデキゴトをお話しましょう。

バス停に停車してお客様が何人か降りられ、乗車される方も無く、いざ発車というときに、右手からすごい勢いで乗用車が現れ、私のバスの進路を塞ぐように被せて止まりました。

もう、少し動いていたので、やや急ブレーキ的な状態になり、乗っておられる方には嫌な衝撃があったと思います。

何なんだと思って乗用車を見ていると、助手席から若い女性が出て来て、停車を余儀なくされた私のバスの乗車扉の前にツカツカとやって来て、鋭い開けろ視線を送っています。

これは感じがよくないですねー。
というか、こんな風にバスに乗って来て、その後運転手や他のお客さんに対して気まずいと思わないんだろうかと思っちゃいます。

その若い女性は、何事も無かったかのように、堂々たる態度でお席に着かれました。

その肝の据わりようは、気の小さいおじさんにはちょっと羨ましいですけど、私はこんな感じでバスに乗れたとしても絶対嫌ですね。


人気ブログランキング