40代、50代からのバス、タクシーへの転職のススメ

45歳から52歳にかけて、ブラック会社での営業社員、タクシー運転手への転職を経て、路線バス運転手への転職を果たした私の実体験と、路線バス運転手、タクシー運転手の日々の仕事をご紹介しています。 ブログ(最新記事更新中)も見てね。

音声装置が壊れました

バスが壊れました。

前にも言いましたけど、思った以上に頻繁に故障します。

今回は音声装置がおかしくなりました。

「次は〇〇です」と的確に案内してくれる、ワンマンバスにはなくてはならないあの声を出してくれる装置ですよ。

バス停を発車して、次のバス停の案内のためにボタンを押すと、あれ? 声が流れない!?

音声装置のモニターを見ると、いつもは次のバス停の名称が出てくるところに、何だか文字化けした変な字が表示されています。

うわーこれは面倒なことになったわ…。

このような急な故障は、本当にへこんでしまいます。

仕方がないので、終点まで次のバス停をマイクで案内したんですが、もう何百回、何千回と通っているのに、すぐに名称が浮かんでこないバス停があるんですよね。

上〇〇とか下〇〇とかがあるバス停は、どっちが上でどっちが下かわからなくなってしまいます。

これも仕方がないので、上と下を付けずに〇〇だけで案内しました。ごめんなさい。



人気ブログランキング

マスク

皆さんご承知のような状況になって、他の誰に聞いても、乗車されるお客さんの数は大幅に少なくなっているようです。

学生さんがいないだけでもずいぶん違うのに、一般のお客さんまで減ってしまうと、経営的には大丈夫なんだろうかと、こんな私でもちょっと思っちゃいます。

まさに不特定多数の方と接触するこの仕事だけに、そんなに効果は無いという話も聞きはしますが、やっぱりマスクはしておきたいです。

そのマスクもそろそろストックが無くなってきました。

たまたま不足し始める直前に1箱買っていたのでもってますけど、もう時間の問題です。

今日もひとりのおばちゃんが、降り際にわざわざ私の方に向かって、ノーマスクで、ノーマスクで咳をかまされました。

嘘でしょ、今の状況でそれする!?

やっぱりマスクは欲しいです。


人気ブログランキング

初日のプレッシャー

早出(何度も出ているので、説明は割愛させていただきます)の人が運転していたので、休憩室で会った時に「売れたの?」と聞くと、驚きの答えが返ってきました。

数か月の教養・研修期間を終えて、うちの営業所に配属となったその日、なんとその日に、やっぱり自信がないからといって辞めちゃった人の代わりだと言うんです。

えー、嘘でしょ!
確かに一人単独で運行するのは、最初はかなり緊張するけど、まさかの事前リタイアですか!

せめて1日だけでもやってみると、こんなもんかという感じで、続けられたかもしれないのにと残念です。
なんせ極度の人手不足ですから。

でも余程のプレッシャーがかかったんでしょうね。
そういう風に感じられる方もいらっしゃるんですね。


人気ブログランキング

アタック

忘れ物です。



ただの忘れ物じゃありませんよ。

みなさん前回の「エリンギ」の忘れ物覚えていらっしゃいますか。

あいつと同じ路線の同じ席で発見されました。

ただ、忘れ主が同一人物か否かは不明です。

ひょっとしてもはやこれは、運賃なんでしょうか。


人気ブログランキング

どーぞ、どーぞ

慌ただしい朝の通勤時間帯の運行中、バス停の大勢のお客さんの中に高齢の女性が2名いらっしゃいました。

続々とお客さんが乗り込まれて、最後にその女性2名が残っておられます。

……ん? なかなか乗ってこられないな…。
できれば迅速に発車したいんだけど…。

ミラーで注視すると、どうやら「どーぞ、どーぞ」とお互い譲り合っていらっしゃるようです。

ははー、これはあれだな。
お互い譲り合っといて、じゃあって乗ろうとしたら自分が先に乗るというギャグだな。

って、そんなわけないっちゅーの!

すみません、できれば、できればこの時間帯だけは、普通にご乗車いただければ有難いです。


人気ブログランキング